信長協奏曲の最終回(12月22日)を見た感想

スポンサーリンク

信長協奏曲の最終回見ましたよ!

いったいどんな結末で終わるのかは、本当に気になってました。

やっぱり、時代は戦国時代です。最終回が一番ドロドロしてました。

サブローが元の生活に戻ることができるのか?

注目が集まりましたが、結局は元に戻ることは無く、

織田信長として、天下を目指すことを選択しましたね。

家臣たちはサブローの求心力に惹かれて活力を取り戻します。

しかし、やはり、織田信長は織田信長、サブローとは違います。

ラストシーンで、本物の織田信長と羽柴秀吉が竹中半兵衛を殺害。

不敵な笑みを浮かべながら、アイコンタクトを交わします。


わけがわからないのが羽柴秀吉の存在です。

サブローの周辺をウロウロと邪魔ばかりしています。

秀吉ってあんなに冷酷な男だったんですかね~ww

演出もあるのはわかりますけど、本当に憎たらしく感じます(^^ゞ

ドラマの最後で、本物とサブローが本能寺に入っていくシーン

がありました。


その後のことには触れられていませんでしたから、

とうとう最後まで結論が出ることはありませんでしたが

あの後、いわゆる「本能寺の変」が発生すると考えるか?

それとも、サブローがピンチを凌ぐのか?

その辺りのことは、映画で明らかになるんですかね?


いよいよ最終回を迎えた信長協奏曲、周囲の評価を見ると

「中途半端すぎるだろう!」

と激おこのコメントも見られました。

私としては、これで決着ではなく、「まだ先がある」という

今回の最終回はなかなかおもしろかったと思います。

例えばあの後、本能寺でサブローが殺されたら・・・

もう続編は期待できないわけですし。

やっぱり、現代の優しい若者と、戦国時代の武将。

どうやっても交われないのでしょうか?

狭い世界の中で、裏切ったり裏切られたり、狭い土地を奪い合う。


かなりドラマティックな展開になりましたが、

戦国らしい雰囲気も、制限されたドラマの中でよく

表現されていたと思います。

早々に続編が見たい!!

そう感じさせるドラマだったし、小栗旬さんの演技も

これまでの中ではかなり良かったほうだと思います。

皆さんはドラマ信長協奏曲、どのように感じることができましたか?

戦国時代、私達は武将が好きだとかかっこいいとか、

かなり美化していますけど、実際の戦国時代は

明日を生きるのに必死な時代だったんでしょうね。

油断や隙を見せれば、すぐに足元をすくわれてしまう。

そういった点では、今も昔もさほど変わりないのかもしれません。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ